うるおいスープ: 杏仁

e0091983_213388.jpg
香港人主婦からいくつものボウ湯(ことこと煮込むスープ)を習いました。
その中でもこの「うるおいスープ」をご紹介します。

材料は豚スペアリブ、クレソン、杏仁。

豚肉の皮や軟骨には女性にうれしい美肌のもと、コラーゲンがたっぷり含まれています。
美肌にはスペアリブなどの骨付き肉を使うことをおすすめします。
また豚肉の脂肪の部分は便秘にも効果的。

クレソンは肺を潤す、体の余分な熱を取り、のどの渇きを止めるなどの作用があります。

そして、杏仁。香港では北杏仁という名前で売られています。これはアンズの成熟した種子の仁を乾燥したもので肺と大腸の働きを助けます。咳止め、潤腸通便(腸を潤しお通じをよくする)効果のある生薬としてよく使われます。少量の毒があるので生食は禁止。加熱すると毒は消え、薬効だけが残ります。

作り方はスペアリブを酒と生姜の薄切りが入った湯でコトコト煮込みあくを取る。肉がやわらかくなったら、よく洗って食べやすい大きさにきったクレソンと、水で3時間ほど戻した杏仁を加えさらに煮込む。塩と、好みで中華スープの素、こしょうで味をととのえる。

こんな薬効のあるスープを毎日飲んでいるのだから香港女性の肌はきれいなはずですね。
[PR]
by touhoubijin | 2005-12-02 21:34 | 薬膳スープ


<< 5つの食性 寒い季節によい食材は? 輝く瞳をつくるお茶: 菊花 >>