おいしく便秘を解消: アロエ センナ ハチミツ 黒ゴマ

習慣性の便秘に効く漢方薬として
芦薈(ロカイ)や番瀉葉(バンシャヨウ)という生薬があります。

芦薈はアロエ、番瀉葉はセンナのことです。

ヨーグルトにアロエが入ったものが売リ出されたときは
すごい組み合わせ!とびっくりした記憶がありますが
今思えば、これは薬効が理にかなっています。

センナは便秘に効くお茶としてセンナ茶が有名ですね。

なお、芦薈や番瀉葉をはじめ、大黄(ダイオウ)や芒硝(ボウショウ)などの
瀉下薬(腸管を刺激してお通じを促進する薬)は正気を傷つけやすいので
妊婦さんや生理中は飲まないほうがよいとされています。

もう少し作用のおだやかなものとして
潤下薬(腸を潤滑し、便を軟化し排出しやすくする)があります。
蜂蜜と黒ゴマは、潤い不足の便秘に効果があります。

黒ゴマペーストにハチミツを混ぜたものをパンに塗って食べると
おいしくて、なおかつ朝のお通じも快適に!
e0091983_2227845.jpg

[PR]
by touhoubijin | 2006-04-07 19:34 | 漢方薬


<< むくみの季節対策: あずき 漢方生活はじめよう >>