沙参玉竹湯

香港の気候は本当に極端です。
今までの連日湿気じめじめとは裏腹に、10月に入ってから
さわやかなお天気が続くのはいいのですが
それはそれは極端に乾燥してきています。
天気予報に赤い炎のようなマークがつくのですが
これは「乾燥警報」のようなもの。

雨が降らない分空気汚染がさらにひどくなり、
アレルギー性の喘息やアトピーなどの皮膚トラブルが
ここ最近ひどくなる人が多いとローカルニュースでやっていました。

さて、香港は広東省のスープ文化を受け継いでいるので
香港のスーパーの野菜売り場にはいろんなボウ湯(コトコト煮込むスープ)
の材料をそろえたスープパックが売られています。

効能別に、「清熱(余分な熱をとる)」とか「袪湿(余分な水分を排出させる)」とか
その季節に合わせた効能を持つ野菜に2種類ほどの生薬を一回分ずつ小分けにされ一緒にパックされています。
それに鶏肉や豚肉などを好みで加え、全ての材料をコトコト2-3時間煮込んで薬効を煮出し、そのスープを食事の時に飲む習慣があります。

そこで今回は乾燥する季節に、「肺」を守る沙参玉竹湯という
スープを作ってみました。

沙参、玉竹は「滋陰潤肺(身体の水分を増やして肺を潤す)」
         「生津養胃(津液を生み、胃の働きを助ける)」の効能があり
乾燥する季節に良く使われる生薬です。

それに白きくらげとにんじん、砂糖漬けのなつめがパックされていたので
さらに肺を潤す「百合(ゆり根を乾燥させたもの)」と「杏仁」を加えてみました。

週に2回はこんなスープで常に肺をいたわりたいものです。

e0091983_15124764.jpg

[PR]
by touhoubijin | 2007-10-24 15:11 | 薬膳スープ


<< 冬に向けての過ごし方 秋の養生法 >>