<   2006年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

体調にあわせた薬膳茶

いろんなお茶や、糖水になる材料をいつもストックしています。

風邪のひき始めでぞくぞくするとき・・・くず湯に黒砂糖+生姜汁をいれる
のどの痛いとき・・・ハニー大根、ハニーレモン、梨と白きくらげの糖水
目の疲れ、口内炎・・・菊花茶、ミントティー
湿気が多く、むくむとき・・・はと麦茶、コーン茶(韓国食材店で売っています)
生理の後・・・なつめと竜眼肉の糖水
体が冷えるとき・・・シナモンミルクティー、ほうじ茶、生姜湯
イライラ、鬱っぽい・・・ローズ茶(バラのつぼみを浮かべる)、ジャスミンティー
食べ過ぎの後・・・烏龍茶、サンザシ茶、カルダモン入りチャイ    
                                        などなど

自分やご家族の体調に合わせていろいろ試してみてください。
[PR]
by touhoubijin | 2006-02-27 22:11 | 薬膳茶

のどの痛みに、さわやかなこのお茶を: ミント

いろんなハーブの中でもミントは育てやすく、おうちで栽培されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ベランダの少ない香港の住宅事情でも、日の当たる窓際なら鉢植えでよく育ちます。

ミントは生薬では「薄荷」という名前で、体の中の熱を冷ます働きがあります。
「薄荷」は風邪をひいて熱がある、のどが痛い、頭が痛い、目が赤いなどの症状を改善する処方によく用いられます。

また、現代に切り離せないストレスは、中医学でいう「気滞」(=気の流れがとどこおる)をさしますが、
気のめぐりが悪くなると自律神経のコントロールがうまくいかず精神的にイライラしたり不安定になります。
「クコ入りレモンティー」でもお伝えした「肝」の機能の失調によるもので、
こんなときのリラックス茶にクコの実同様、ミントティーは最適。

風邪でのどが痛いとき、ストレスを感じたときには、香りがよく、飲むとスッとする
ミントティーで体と心を癒してみてください。
e0091983_14154483.jpg

[PR]
by touhoubijin | 2006-02-15 14:16 | 薬膳茶

サムゲタン: 人参

最近、参鶏湯(サムゲタン)にはまっています。
このスープを食べた翌日は、顔を洗うときの肌の吸いつきが違う!!

サムゲタンは、内臓を取り除いた鶏肉を丸ごと使って、おなかにもち米や
なつめ、クコの実、にんにくなどを詰めてコトコト煮込む、
韓国の代表的な薬膳スープです。

ひとつ大切な生薬を入れますが、それは「人参」。
人参は補気薬の中でも王様といわれるぐらい「気」を補う力の強い生薬です。
倦怠無力、食欲不振などの気虚や脾虚の証によく効きます。

このスープの効能は他にも
人参・・・体の中の「水」を増やしてうるおう「生津」の働きもある
鶏肉・・・丸ごと煮込むために出るコラーゲン
なつめ・・・血虚によるくすみを取る
クコの実・・・目力アップ                   などなど
女性には嬉しいことづくめ。

丸ごとの鶏を使うのがちょっと大変な場合は、
水炊き用のぶつ切りの鶏でも代用できます。

鶏肉をよく洗って骨から出る血をきれいに流します。
なつめ、クコの実、もち米ひとつかみはよく洗って水につけて2-3時間おきます。
ひたひたの水に鶏肉をいれ、とろ火で煮込みます(20分ぐらい)。出てきたあくを取ります。
よく洗った人参、なつめ、クコの実、もち米、にんにくを加えてふたをしてさらに1時間ほどよく煮込みます。
塩こしょうで味をととのえて出来上がり。
ほろほろっとほぐれるやわらかい鶏肉は別の小皿にもった山椒塩などをつけて食べます。

明日の肌が楽しみな「コラーゲンを食べているような」このスープ、是非お試しを!
e0091983_23381962.jpg

[PR]
by touhoubijin | 2006-02-06 21:15 | 薬膳スープ