<   2007年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

我が家の常備菜 その2

薬膳では「黒い食材は腎に入る」とされています。
昆布も「腎」によい食材として薬膳でたびたび登場します。

昆布に含まれるフコイダンという成分は、白血球を活性化して
免疫力をアップさせる働きがあることと、利尿作用があること
カルシウムが豊富で骨を作るという効能などを見ても
「腎」が免疫、水分代謝を司り、腎が弱いと骨がもろくなるという
中医学の教えにぴったりと当てはまります。

市販の昆布の佃煮は手軽ですが塩分が多いので、
以前お話した「塩辛=取りすぎると腎を弱める」との鉄則から
塩気をマイルドにした煮物を常備菜にしてみてはいかがでしょうか。
e0091983_2245189.jpg

             味出しに豚肉と一緒に煮るとコクが出ます
[PR]
by touhoubijin | 2007-03-20 22:46 | 薬膳料理