<   2007年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

五行学説

薬膳が続いたので、今日は少し中医学についてお話します。

中医学では、宇宙のあらゆるすべての物事は、
陰と陽の2つに分けられるという「陰陽学説」
(例えば、寒がりの人は陰証、暑がりの人は陽証など)と、
もうひとつ5つに分ける「五行学説」という考え方の2つの学説があり、
これをあわせて「陰陽五行学説」とよんでいます。

陰陽学説は、その人の体質である「証」の診断や、
生薬の分類(陽薬や陰薬)などに使われる、
中医学のベースとなる考え方です。

一方、五行学説は、本当に世の中すべてのものを、
五行(木、火、土、金、水)に分類する考え方です。
これを始めて勉強したときは「なるほど!!!!」と感心するものばかり。
それこそ”腑に落ちる”感覚で、心から納得した覚えがあります。

主なものをご紹介しますと、
例えば「五臓六腑にしみわたる」という言葉がありますが
この五臓とは、肝、心、脾、肺、腎の5つを指します。

続いて五感(中医学では五官と書く)を働かせるという言葉の、
目、舌、口、鼻、耳。
人の感情を表す五志、怒、喜、思、悲、恐。
季節なら、春、夏、梅雨、秋、冬。そんなところでしょうか。

これを五行学説の分類に当てはめると、以下のようになります。
(木-肝-春-目-怒のように、縦の一列に注目してください)

(五行)   木  火  土   金  水
(五臓)  肝  心  脾   肺  腎
(五季)  春  夏  梅雨 秋  冬
(五官)  目  舌  口   鼻  耳
(五志)  怒  喜  思   悲  恐

中医学では、長年の臨床の結果、
この縦のラインのつながりはすべてそれぞれ相互に関係しあい、
互いに影響を与えていると考えています。

春には肝を損ないやすいので、肝を養生すべきである。
肝炎を患うと目(白目)が黄色くなったりして目に変化が現れる。
肝臓の悪い人は怒りっぽく、怒りっぽい人は肝臓を悪くしやすい。
イライラして肝がストレスを感じると「肝の火」が上へあがり目が赤くなる。

脾とは消化器系統を指しますが、梅雨の湿気の多さや
冷たいものの飲みすぎや食べすぎによって梅雨に胃の調子を崩しやすい、
胃が悪いと症状が口に現れ、思い悩みすぎると胃の調子が悪くなる、
口の周りのトラブルは消化吸収機能の低下を表す、などなど。

その時期、どこの臓器をいたわればよいのかを把握しながら
食生活や環境に注意を払うこの知恵を持つ文化は本当に素晴らしいと思います。

次回は秋について詳しくお話します。
[PR]
by touhoubijin | 2007-08-25 06:59 | 中医学

心を落ち着かせる風邪薬

黒豆を発酵させて作る豆豉は中国料理の調味料としても
良く知られていますが、これは中薬の風邪薬に分類される漢方薬です。

風邪から来る頭痛、発熱、寒気に効きます。

何しろもともとが黒豆ですので薬膳に用いやすく
これをよく包丁でたたいたものと白ねぎとしょうがをみじん切りにして
スープにすると、風邪のときによい薬膳スープになります。

しかも豆豉には熱でイライラする気分、胸がざわざわして
落ち着かない、不眠症などを改善する効果もあります。

日持ちしますので冷蔵庫に常備して、ゾクゾクイライラの風邪の時の
お助け食材として用いてみてください。

e0091983_15131170.jpg

[PR]
by touhoubijin | 2007-08-20 15:13 | 漢方薬