<   2008年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

滋養強壮の漢方薬

あけましておめでとうございます。

南国香港でも一年で一番寒い季節を迎えています。
身体が冷えやすく、ますます補腎を心がけねば!と
気を引き締める思いです。
皆様はいかがですか?

さて、「朝元気に起きられない」「疲れが取れない」「下半身が重だるい」と
患者様が訴えたときによく処方に入る2種類のお薬をご紹介します。

ぺらぺらの葉っぱの方は淫羊藿(いんようかく)といい、
細長いほうは巴戟天(はげきてん)です。

ともに
補腎助陽(腎を補い身体を温める)
袪風除湿(余分な湿気を排出して痛みを取る)
作用があります。

この他、生殖能力を高めたり、身体を元気にしてだるさを取ります。

淫羊藿は日本でもイカリソウという名前で養命酒に入っており
古くから強壮剤として親しまれています。

香港大学の教授から淫羊藿は必ず修治(加工)して使うこと!!と習いました。
羊の脂肪で修治するとより生殖能力を高められるのだとか。
生薬の名前としてはちょっと意味深ですね。
e0091983_14243583.jpg

[PR]
by touhoubijin | 2008-01-18 14:24 | 漢方薬