五行学説

薬膳が続いたので、今日は少し中医学についてお話します。

中医学では、宇宙のあらゆるすべての物事は、
陰と陽の2つに分けられるという「陰陽学説」
(例えば、寒がりの人は陰証、暑がりの人は陽証など)と、
もうひとつ5つに分ける「五行学説」という考え方の2つの学説があり、
これをあわせて「陰陽五行学説」とよんでいます。

陰陽学説は、その人の体質である「証」の診断や、
生薬の分類(陽薬や陰薬)などに使われる、
中医学のベースとなる考え方です。

一方、五行学説は、本当に世の中すべてのものを、
五行(木、火、土、金、水)に分類する考え方です。
これを始めて勉強したときは「なるほど!!!!」と感心するものばかり。
それこそ”腑に落ちる”感覚で、心から納得した覚えがあります。

主なものをご紹介しますと、
例えば「五臓六腑にしみわたる」という言葉がありますが
この五臓とは、肝、心、脾、肺、腎の5つを指します。

続いて五感(中医学では五官と書く)を働かせるという言葉の、
目、舌、口、鼻、耳。
人の感情を表す五志、怒、喜、思、悲、恐。
季節なら、春、夏、梅雨、秋、冬。そんなところでしょうか。

これを五行学説の分類に当てはめると、以下のようになります。
(木-肝-春-目-怒のように、縦の一列に注目してください)

(五行)   木  火  土   金  水
(五臓)  肝  心  脾   肺  腎
(五季)  春  夏  梅雨 秋  冬
(五官)  目  舌  口   鼻  耳
(五志)  怒  喜  思   悲  恐

中医学では、長年の臨床の結果、
この縦のラインのつながりはすべてそれぞれ相互に関係しあい、
互いに影響を与えていると考えています。

春には肝を損ないやすいので、肝を養生すべきである。
肝炎を患うと目(白目)が黄色くなったりして目に変化が現れる。
肝臓の悪い人は怒りっぽく、怒りっぽい人は肝臓を悪くしやすい。
イライラして肝がストレスを感じると「肝の火」が上へあがり目が赤くなる。

脾とは消化器系統を指しますが、梅雨の湿気の多さや
冷たいものの飲みすぎや食べすぎによって梅雨に胃の調子を崩しやすい、
胃が悪いと症状が口に現れ、思い悩みすぎると胃の調子が悪くなる、
口の周りのトラブルは消化吸収機能の低下を表す、などなど。

その時期、どこの臓器をいたわればよいのかを把握しながら
食生活や環境に注意を払うこの知恵を持つ文化は本当に素晴らしいと思います。

次回は秋について詳しくお話します。
[PR]
# by touhoubijin | 2007-08-25 06:59 | 中医学

心を落ち着かせる風邪薬

黒豆を発酵させて作る豆豉は中国料理の調味料としても
良く知られていますが、これは中薬の風邪薬に分類される漢方薬です。

風邪から来る頭痛、発熱、寒気に効きます。

何しろもともとが黒豆ですので薬膳に用いやすく
これをよく包丁でたたいたものと白ねぎとしょうがをみじん切りにして
スープにすると、風邪のときによい薬膳スープになります。

しかも豆豉には熱でイライラする気分、胸がざわざわして
落ち着かない、不眠症などを改善する効果もあります。

日持ちしますので冷蔵庫に常備して、ゾクゾクイライラの風邪の時の
お助け食材として用いてみてください。

e0091983_15131170.jpg

[PR]
# by touhoubijin | 2007-08-20 15:13 | 漢方薬

ドライプルーンの赤ワイン煮

今日はドライプルーンの赤ワイン煮をご紹介します!

女性で、30歳を過ぎていて、出産経験がある人はたいてい
貧血の自覚症状がなくても「血虚」ぎみの方が多いです。

プルーンは鉄分がたっぷり含まれていて「血」不足の女性には最適。
さらに赤ワインは身体を温めて冷えを取り、血の巡りを良くします。
プルーンのほかになつめやレーズンでもOK。
そういえば赤いものや黒いものは血を増やす食材でした。

飲み残しの赤ワインで十分ですので、ドライプルーンとお砂糖を適量入れて
火にかけ、ワインが少なくなりとろみがつくまで煮込みます。

そのまま食べても、紅茶に入れても、刻んでヨーグルトに入れても良く合います。
プルーンはタネをくりぬいてあるので中が空洞になっていますが
その部分にクリームチーズをパンパンにつめスライスして出すと
ちょっとしたオードブルになりますよ。
e0091983_14184873.jpg

[PR]
# by touhoubijin | 2007-07-18 14:19 | 薬膳料理

老廃物排出サラダ

普段は野菜を生では食べないようにしていますが
この季節は別。

暑さと湿気が身体に残り、老廃物がたまってるなーと
感じるときにはこんなサラダを食べます。

わかめや大根、貝割れ、きゅうり、きゃべつ、生の白菜など
身体の余分な水分や脂分、塩分をからめとって一緒に排出してくれる
野菜をたっぷり刻んでまぜるだけ。
これらの野菜の排出効果は生で食べる方が強力なのです。

レモンをよく洗って皮をすりおろしたものと、松の実を加えるのがポイント!
お好みのドレッシングをかけてどうぞ。

松の実は肺や気管をうるおし、食欲増進や、よいお通じをうながします。
内臓の働きを活発にし、髪の毛の若さを保つことなどから
不老長寿の吉祥木ともいわれ老化防止に効果があります。
e0091983_9435774.jpg

トースターで焦げないよう軽く炒ってからトッピングしてください。
[PR]
# by touhoubijin | 2007-07-06 09:44 | 薬膳料理

くらげじゃないよ、きのこだよ。

血管を若くして血液循環を良くする薬膳食材をご紹介します。
黒きくらげ、白きくらげです。
 
黒きくらげは日本でも中華の炒め物などに使われますが、
中国では血液をサラサラに浄化する働きがあることから
e0091983_2126149.jpg日本では考えられないぐらいよく食べられます。
(黒きくらげだけを使った炒め物もあります)

その他浄血作用もあり、血管の若さを保つ効果が
血液循環の改善に役立ちます。
 


白きくらげはあまり日本ではあまり知られていないかもしれませんが
昔から中国では美肌効果のある漢方食材として有名で肌のきれいな香港女性は定期的に白きくらげの入ったスープを飲んでいます。e0091983_21315812.jpg
驚くべきことに、白きくらげのコラーゲン含有量はツバメの巣に匹敵するそう!

白きくらげには新陳代謝を促し、血をきれいにする、便秘やむくみに効くという
女性には嬉しいことづくめ!

血管を若々しく保ち、美肌にもよいこの食材。
今後お見知りおきを!!
[PR]
# by touhoubijin | 2007-06-18 21:26 | 薬膳料理

母乳ママにも最適 増血中国山菜

香港に来て初めて金針菜という乾物に出会いました。

金針菜とはユリ科の花のつぼみを乾燥させたもので
中国では山菜感覚でよく食べられています。
貧血の特効薬として古くから料理一般に使われてきたそう。
水で戻すと、本当にユリのつぼみの形に戻ります。
食べた感じは細い長ネギのような歯ごたえです。

古くなると酸味が出てくるので買い求めたら早めに食べきります。


▼ 金針菜のスープ

金針菜は鉄分、カルシウム、ビタミンB群も豊富。
金針菜は別名「忘憂草」と言われており
更年期特有の鬱状態やイライラ、眠りが浅い、のぼせるなどの、
病気ではないけれどすっきりしないときに、これを食べるとよいとされています。

血液を増やすので、母乳不足のママも、こんなスープで貧血を解消してみてはいかがでしょうか。

<材料>2人分
金針菜  30グラム
干し椎茸  大4個e0091983_14593327.jpg
豚薄切り肉  100グラム
鶏ガラスープの素  10グラム
塩こしょう  少々
ごま油  少々
長ネギの青い部分 斜め切り  少々

<作り方>
1)あらかじめ金針菜と干し椎茸は水で戻しておく。
2)金針菜の茎の部分(下3分の1)は堅いのではさみで切り落とす。
3)干し椎茸は石づきをとって細長く切る。
4)豚肉も長さ4センチほどの細切りにし、酒、しょうゆ、砂糖、片栗粉で下味をつけておく。
5)鍋に水を入れ、鶏ガラスープの素、金針菜、干し椎茸をいれる。
6)沸騰したら中火にして、豚肉を加える。
 ここからはあまり長い時間煮込まず、豚肉に火が通ったら
 塩こしょうで味をととのえる。
 そうすると豚肉が柔らかいまま仕上がる。
7)仕上げにごま油をおとす。
 
[PR]
# by touhoubijin | 2007-06-02 15:00 | 薬膳スープ

美肌ドリンク


香港の薬膳茶から、今日は杏仁茶をご紹介します。
固まっていない杏仁豆腐のような味で、
デザート感覚で飲めるおいしいお茶です。

杏仁はアンズの種の核にある胚乳で、これはれっきとした漢方生薬です。
のどの炎症や咳止めに用いられるほか、肺や皮膚をうるおす効果が高いことから美肌の生薬としても有名です。

南杏と北杏があり、南杏は粒が大きく甘みがあり、
北杏は苦味と毒性はあるが薬効も高く、
南杏:北杏=6:1の割合で混ぜて使います。
北杏の毒とは銀杏が持つ毒と同じ「青酸」で、
この毒はしっかり熱を加えると消えます。
銀杏も北杏も、多量に採らない、必ず火を通すということが大切です。

日本では杏仁の実を粉にした杏仁霜が手に入りやすいので
こちらを使ったレシピです。

<材料>杏仁茶(湯のみ一杯分)
杏仁霜 大さじ1~1と2分の1
熱湯 150cc
クコの実 一粒


<作り方>
杏仁霜を湯飲みにいれ、熱湯をそそぎ静かにかき混ぜて溶かす。
クコの実を一粒浮かべる。

注)杏仁霜にはふつう糖分も混ぜられていることが多いのですが、好みで氷砂糖やグラニュー糖を足してください。

e0091983_10193047.jpg

[PR]
# by touhoubijin | 2007-05-25 10:20 | 薬膳茶

心に効く苦味

新年度始まってしばらく経つと、緊張や疲労が溜まってやってくる「五月病」。
皆様は大丈夫ですか?

「心」(=しん)は東洋医学では
①血液を全身に運行させる
②精神活動、意識、思考を統括する

臓器として、五臓の中でも一番のボスとしての地位を占めて
臓腑の機能活動を主宰しています。

鏡で自分やお子さんの舌を見てみてください。
他の部分より舌の先(先端)が赤い場合、
「心に火がある」状態です。

これがある場合、夜中なんども起きたり夢をよく見るなどの睡眠障害や
怒りっぽい、いつも心配事が多く胸がざわざわするなど気分が落ち着きません。
血液循環に障害があると、動悸や息切れ、不整脈などとなって現れます。

「心」によい食材といえば、五行学説の理論から「苦味のある食べ物」です。

セロリや緑茶、きゅうりやパセリ、三つ葉、ピーマン、など
それ自体に自然な苦味のあるものは適量採ると「心」の働きを助けます。

日本からのとても貴重なふきをいただいたので、ごま煮にしてみました。
さわやかな苦味がまさにこころに効きました。

e0091983_10222994.jpg

[PR]
# by touhoubijin | 2007-05-09 10:23 | 薬膳料理

精力を保つ要の臓とは

「不老不死」
人類の永遠のテーマです。

アンチエイジングと非常に深い関わりのある臓器、
それは「腎」です。

西洋医学では「腎臓」はおしっこを作る働きとしての臓器ですが
中医学において「腎」はもっと範囲が広く、
①水分代謝を司る
②成長・発育・老化を司る
③生殖能力を司る
④免疫を司る
などとされています。

中国の歴史上、中医学は皇帝の病気を治すという目的の他、
若さを保ち子孫繁栄させるためのものとして発展しました。

という訳で、補腎(腎をいたわり働きを高める)作用を持つものに
精力増強の効果を持つものが多いのはその理由からです。

朝鮮人参は元気を補う王様ですがこれも腎に効く代表生薬です。
漢方薬だけでなく、野菜の「にら」は”起陽草”とされ
腎陽(生殖能力)を回復できる薬膳食材として有名です。
[PR]
# by touhoubijin | 2007-04-25 21:35 | 中医学

生理中の過ごし方

中医婦人科の中で、生理痛は立派な病気として、
痛みを緩和する処方がたくさん(体質別)あります。

生理中の過ごし方に気をつけて痛みの原因となるものを排除しましょう。
毎回大変な思いをされる方は以下のことを気をつけてみてください。

1、よく眠る。
  血は深夜12時以降起きていることによりさらに消耗されます。
  それ以前に眠っていることが大事。

2、身体を決して!冷やさない。
  生もの、冷たいものを生理中に採ると、経脈の血行を悪くさせ
  滞らせる。これが生理痛の元になります。

3、辛いもの、脂っこいもの、揚げ物、コーヒーを控える。
  すべて身体に余分な熱を持たせて乾燥させます。
  これがさらに血を消耗し、さらに身体にたまった余分な熱が溜まり
  痛みを引き起こす元になります。

4、清潔な湯船にゆっくり漬かって、服装は下半身は上半身より1枚多く。
  とにかく温まって血行を良くし、普段より一枚多く下着をつける。(下半身)
  お気に入りのバスエッセンスやボディソープの香りでリラックスしてください。

生理の血の色が暗い紅で塊が出る場合は瘀血があるとされます。
ほとんど出血がないまま生理が終わってしまうのは血虚、
だらだらと出血が続くのは気虚で血を身体にとどめる力が弱っている時など
身体の体質を判断するのに生理の状態はとても大きな手がかりになります。

女性が中医師の診察を受けるときには必ず生理の状態を詳しく説明してください。
[PR]
# by touhoubijin | 2007-04-09 20:34 | 養生法