どんな風邪にも葛根湯?

「葛根湯」は風邪に効く漢方薬として日本ではとても有名ですが
風邪は風邪でも「悪寒があり、ぞくぞくする風邪の初期に肩こりや頭痛を伴うとき」
に最も適している方剤です。

葛根は、葛の根を乾燥したもので、
肌の表面にとりついた風邪を汗をだして追い出す力や
頭、背部ががちがちに凝ってつらいときの上半身の痛みに良く効きます。

その他の作用として、下痢をとめたり、血糖を下げる働き、血圧を下げる働き
もあることが証明されています。

香港では生の葛、「粉葛」が普通に野菜売り場に売られており
人々はよくスープにしてその効能を取り入れています。

本当に”根っこ”という感じで繊維質が多く、皮が固くて切りにくいのですが
皮をそぎ落とした後、さいの目に切って4人分なら1.5ℓほどの水で
豚肉などとともに約2時間ふたをして煮込みます。

風邪のときならここに生姜のスライスや白ねぎを加えると
(それぞれも食材でありながら生薬)
より風邪を追い出す力が強まります。

この粉葛はスープで2時間煮ても繊維質ばかりで食べられないので取り除き
エキスの入ったスープだけを使ってください。
e0091983_7573828.jpg

[PR]
# by touhoubijin | 2006-10-08 07:59 | 漢方薬

耳つぼ療法

耳にも足の裏と同じく反射区があることが
耳ツボダイエットなどでよく知られるようになりました。

耳は経絡を通して五臓六腑、四肢百骸と密接に関係することがわかっています。
体の不快症状のある臓腑と相関する部位の区域区分を
耳ツボ専用のペン式の器具(先に小さく丸い突起の付いた細い棒)
でキュッキュッと刺激します。
もしくは耳ツボ刺激用の専用シールを耳に貼ります。

香港では中医師に漢方薬を処方してもらうのみならず
頭痛や肩の凝り、胃の痛みなどすぐ痛みを止めたいときに
診察のついでに、的確な耳のツボに刺激を与えてもらえます。
e0091983_2059550.jpg

耳ツボ反射区の勉強用の模型。
大きさは一番長い部分で11センチほどあります。
[PR]
# by touhoubijin | 2006-09-19 21:08 | 養生法

手軽な街の漢方ドリンク屋

香港の街のあちこちに見かける涼茶舗。

夏の暑い時期、体の不調がある時、
人々は気軽に立ち寄りお椀に入った黒々した飲み物を口にします。

涼茶とは、冷たいドリンクではなく漢方薬を煎じた飲み物のこと。
特に「体の余分な熱を冷ます」効能があるために涼茶といわれます。

香港地元の人いわく、
のどの痛いときには24種類の生薬を煮出した廿四茶、
くしゃみや咳の出始めには感冒茶を選ぶそう。

小さい店構えながらも、家賃の高い香港でこのような涼茶屋が
たくさん軒を連ね、お店を続けていけるということ自体、素晴らしい!
香港の人々から日常的に利用され親しまれているからなんですね。


e0091983_2011287.jpg
e0091983_20143065.jpg

[PR]
# by touhoubijin | 2006-08-31 20:05 | 養生法

早寝早起きのすすめ

中医学に陰陽学説というものがあります。

陰は静なもの、内にあるもの、降下するもの、冷たいもの、暗いものを指し
陽は激しく動くもの、外に向かうもの、温かいもの、明るいものを指します。

例えば、夜は陰、昼は陽。
昼夜のみでなく一日を陰と陽に分けると

朝6時からお昼12時までは     陽中の陽
お昼12時から夕方6じまでは    陽中の陰
夕方6時から夜中の12時までは  陰中の陰
夜中12時から朝6時までは     陰中の陽

陽は人体が活動するにふさわしい時
陰は人体が活動を休めるのにふさわしい時という陰陽学説に基づくと
朝、日の出とともに起きて陽の間に活動し、
日の入りとともに内で休むのが最も
体にとって負担のない生活といえます。
ですが現代人が午後6時にきっぱり活動(=仕事)を終えられないのも事実。

中医学では「気」や「血」は寝ている間に養われるとされています。
だるい、やる気がでない「気虚」や、
血が不足している「血虚」にとって
睡眠不足はますます症状を悪化させます。
たとえ8時間寝ていても、明け方寝て、お昼ごろ起きるというのも
陰陽学説が説く自然の法則に反しています。

今日から体のリズムのために12時には寝ることを目標にしてみませんか。
[PR]
# by touhoubijin | 2006-07-25 22:53 | 養生法

いい香りでリラックス: 三花茶

美しい三つのお花が体と心を癒します。(すべてドライになったもの)

バラのつぼみ・・・肝のイライラを和らげ、女性の生理を整えます。
           瘀血を溶かしj、クマやくすみをとります。

ジャスミン(茉莉)・・・  緊張を緩和し、精神を安定させる。不眠の改善にも。

白菊の花・・・余分な熱を冷まし解毒効果も高い。目の疲れや風邪予防にも。
        (暑がりの人向け。体が冷える人はこれをクコの実に変えてください)

すべてをお茶パックなどにいれ熱湯を注いで5分ほど待ちます。
香りのよいリラックス茶のできあがり!
e0091983_17552083.jpg

[PR]
# by touhoubijin | 2006-07-14 17:55 | 薬膳茶

むくみの季節対策: とうもろこし

この季節、湿気がいつも90%前後もある香港在住のみなさま、
体がむくみませんか?

むくみは、水分代謝の役割を担う「脾」と「腎」の働きが弱り
水液代謝障害がおきて体に余分な水分が排出されずたまっている状態です。
したがって脾虚(消化吸収機能を司る「脾」が弱い)と腎虚(「水」を司る「腎」が弱い)の人が
むくみを起こしやすいのです。

そこで今日の”むくみ取りスープ”は、脾と腎の働きを強め
なおかつ利尿作用のあるものを中心に入れてみました。

とうもろこし ・・・体の湿気を除き利尿作用がある
レンコン   ・・・生のレンコンの性質は「寒」で熱を冷ましのどの渇きをとめる
          火を通すと性質が「温」になり脾と腎を補う
黒豆     ・・・脾と腎によく、利尿作用がある。血をめぐらせ瘀血を取る
はと麦    ・・・むくみやにきび、肌荒れに効く、生薬としても使われる食材
豚肉     ・・・「気」を補い脾と腎によい

e0091983_21354388.jpg

むくみの季節にはこんなスープを定期的に取り、順調な排泄を促し
余分な水分を溜め込まないように気をつけましょう。
[PR]
# by touhoubijin | 2006-06-24 21:37 | 薬膳スープ

我が家の常備菜 その1

まめはお腹の調子を整えたりむくみを取る効果がありますが
ほとんど種類がその性質は「平」か「涼」です。
(黒豆でさえ「平性」)

その中でもめずらしく、身体を温めることのできる豆、それが
「白いんげんまめ」です。

人間の生命活動のエネルギー「元気」を司っているのが「腎」。
腎には腎陰と腎陽があり、体内を温かく保つ力を保有するのが腎陽ですが
この豆は温補腎陽の効果があり腎を温めて陽を助ける作用があります。

腎虚で腰痛が気になるような方は
ほのかな優しい甘さに煮て、常備菜にしてはいかがでしょうか。
e0091983_1414489.jpg

[PR]
# by touhoubijin | 2006-05-25 14:02 | 薬膳料理

子供に薬膳スープを飲ませる方法

見た目はただのにゅうめんです。
このおだし、実は薬膳スープからとっています。
なじみのある味に仕上がっていて、こうすると子供にも抵抗ありません!

薬膳料理は身体にいいから、といっても子供には通用しない話。
どうやったらこの薬効高いスープを子供に飲ませるか試行錯誤した結果
薬膳スープを漉した汁を子供向けにアレンジする方法を思いつきました。

そこで今回は
淮山、にんじん、なつめ、鶏肉、しいたけ、黒豆をことこと煮出したスープです。
「気を補い、お腹の調子を整える」効果があります。

黒豆のアントシアニンのためスープが黒っぽく濁るのが難点。
そこで、この汁をつかって濃い目のかつおだしをとり、
めんつゆを加えて濃い色のついたかけつゆにします。

これをいつものにゅうめんにすれば、子供にも気づかれません!
いいことをしているはずなのに、なんだかだましているような複雑な気分・・・
e0091983_21191874.jpg

[PR]
# by touhoubijin | 2006-05-02 21:20 | 子供にも薬膳

むくみの季節対策: あずき

香港の昔ながらのおやつ、「鉢仔糕」です。

e0091983_073160.jpg

お米の粉に白玉粉と浮き粉、それにあずきと砂糖を加え、
おわんの中に入れて蒸すだけの、シンプルだけど身体に優しい懐かし系スイーツです。

あずきは生薬では 赤小豆(セキショウズ)という名前で、
むくみや脚気に効くとされています。
性質が「平」なので、そのほかの緑豆や冬瓜のように
「むくみに効くけど体を冷やす」という心配がなく、
冷え性でなおかつむくみが気になる、という人に最適です。

あんこやぜんざいをたくさん食べる、というわけにはいきませんが、
あずきをご飯に混ぜて炊いたり、おかゆに入れたり、
スープの実にしたり、サラダに混ぜたり。

この湿気の多い時期、いろいろ試してみてください。
[PR]
# by touhoubijin | 2006-04-13 00:08 | 漢方薬

おいしく便秘を解消: アロエ センナ ハチミツ 黒ゴマ

習慣性の便秘に効く漢方薬として
芦薈(ロカイ)や番瀉葉(バンシャヨウ)という生薬があります。

芦薈はアロエ、番瀉葉はセンナのことです。

ヨーグルトにアロエが入ったものが売リ出されたときは
すごい組み合わせ!とびっくりした記憶がありますが
今思えば、これは薬効が理にかなっています。

センナは便秘に効くお茶としてセンナ茶が有名ですね。

なお、芦薈や番瀉葉をはじめ、大黄(ダイオウ)や芒硝(ボウショウ)などの
瀉下薬(腸管を刺激してお通じを促進する薬)は正気を傷つけやすいので
妊婦さんや生理中は飲まないほうがよいとされています。

もう少し作用のおだやかなものとして
潤下薬(腸を潤滑し、便を軟化し排出しやすくする)があります。
蜂蜜と黒ゴマは、潤い不足の便秘に効果があります。

黒ゴマペーストにハチミツを混ぜたものをパンに塗って食べると
おいしくて、なおかつ朝のお通じも快適に!
e0091983_2227845.jpg

[PR]
# by touhoubijin | 2006-04-07 19:34 | 漢方薬